red orange yellow green blue pink

エンジニアだからこそ分かる技術交流の魅力

エンジニアは、孤独に技術開発の仕事に従事するだけではありません。同じ職場に属する技術者たちとの交流があります。開発の仕事をうまくこなすには、チームワークが大切です。時には、開発に関して互いに意見を戦わせることもあるでしょう。しかし、互いに認め合える仲間でもあり、無事に仕事を終えたときの達成感が大きいです。技術者には、技術者でなければ分からないような絆があります。

そのような絆を体験するには、自ら技術者になるのが一番です。技術開発の職場に就き、技術スタッフ同士でコミュニケーションを取ってみると、この仕事ならではのやりがいが見つかります。理系離れが進む中で、技術者だからこそ感じ取れる仕事のやりがいがあることを、多くの人に知ってもらう必要があります。技術者ならではの仕事上の魅力があることの理解が進めば、エンジニアになりたいという志願者を獲得しこの分野の将来は安泰です。

さらに技術は、国境を越えて海外にも通じるものです。海外の技術者と共に開発に関わる機会も増えています。海外の技術者とは、言葉の面でコミュニケーションに問題があります。しかし国境を越えた技術の面では、たとえ外国の技術者であっても、すぐに意見交換ができるのが魅力です。国際化に伴い、海外の技術者と一緒に仕事をする場面が増えます。そのような、海外の技術者と対話する場面以外にも、仲間やクライアントとの対話といった身近な場面にも役立つコミュニケーションのテクニックについて、日頃から気がけて勉強しておくのが効果的です。